天保通宝の種類と価値|母銭なら高値に!素人の方が見分ける方法とは

天保通宝は江戸時代 天保6年(1835年)から明治24年(1891年)の56年間に作られた小判型の穴が開いた銭です。天保通宝は日本各地で作られたため数十種類もの種類があります。そこで今回は天保通宝の種類と価値見分ける方法をご紹介致します。

天保通宝の種類と価値|母銭なら高値に!素人の方が見分ける方法とは!?

天保通宝の価値

天保通宝は、江戸時代 天保6年(1835年)から明治24年(1891年)の56年間に作られた小判型の穴銭のことです。流通銭の中ではひときわ厚みがあり重くて大型なところが古銭コレクターから人気です。天保通宝だけを集めている収集家もいるほどです(^^;

天保通宝は、他の穴銭と同様に銭の中央には「孔」と呼ばれる正方形の穴が開いています。表面には「天保通寳」の文字が刻まれています。裏面の上部には「當百(とうびゃく)」と、下部には金座後藤家の花押が刻まれています。

天保通宝の裏面

「當百」とは寛永通宝100枚=100文に相当するという意味があります。実際には80文として通用していました。花押は、後藤家の花押で後藤家が鋳造・検印したという証しです。ちなみに、この後藤家の花押は、大判・小判などにも押されています。後藤家は当時、御金改役(ごきんあらためやく)で大判・小判・銭などの鋳造の責任者であったんです。そのため検印がされると花押が刻まれたという訳なんです(^^♪

この天保通宝は、作られた年代や字の大きさや太さ、長さなどちょっとした違いで値段がまったく変わってしまう古銭です。そういう点では寛永通宝と同じです。1枚あたり数百円から高いものなら数十万円と大きく変わってきます。
中でも価値がある天保通宝は、「南部 小字」、「仙台 広郭長足宝」、「会津 長貝宝」です。それらの通用銭の値段をまとめましたのでご覧下さい。

南部 小字 300,000円~100,000円
仙台 広郭長足宝 250,000円~130,000円
会津 長貝宝 130,000円~60,000円

 

ただ、これらの価格は通用銭なのでこれが母銭になると数倍以上の値段が付きます。ただ希少価値が高いのでほとんど目にすることはありません。日本貨幣商協同組合が発行している日本貨幣カタログにも「稀」しか書かれておらず値段がつかないほど希少価値が高いようです。ちなみに、母銭とは天保通宝の元になった銭のことです。一般的な銭(通用銭)とは材質や寸法に違いがあります。

 

種類と見分け方

天保通宝には、「本座長郭」、「本座細郭」、「本座中郭」、「本座広郭」のほか、「薩摩」、「福岡」、「高知」、「山口」、「水戸」、「会津」、「仙台」、「秋田」、「南部」などの種類があります。本座とは、金座主導で作られた天保通宝で、長郭は穴や文字がやや縦長になっています。細郭は穴の縁が細く、ほぼ正方形です。中郭は穴の縁が少し太く、文字がやや縦長になっています。水戸は、花押の左下部分がまるみを帯びています。このように微妙に少しずつ違いがあります。

天保通宝は、寛永通宝ほどの多くの種類はありませんが、数十種類にも及ぶため素人の方に見分けるのが難しいかと思います。ましてや母銭ともなるとその価値が全く違ってきます。そこでプロに査定してもらうことをオススメ致します。ネットで無料で査定をしてくれる古銭買取り業者が数多くありますので利用をしてみてはいかがでしょうか。売る気がなければメールなので断ることも簡単です(^^♪

 

寛永通宝の種類と価格を知りたい方はこちらをご覧下さい。