古銭の価値 丁銀の種類と買取価格を紹介 1千万以上することも!

室町時代後期から明治維新まで流通した丁銀の種類や価格・特徴をご紹介致します。丁銀は細長いナマコのような形が特徴で表面に「大黒」・「常是」・「宝」・「年代印」といった極印が打たれています。希少価値が高い丁銀にもなると1千万円以上の値がつくこともあります。

古銭の価値 丁銀の種類と買取価格を紹介 1千万以上することも!

丁銀の種類と買取価格を紹介 1千万以上することも!

丁銀(ちょうぎん)は、室町時代後期から明治維新まで流通した商取引用の銀貨で、細長いナマコのような独特の形をしています。

なぜナマコのような細長い形をしているかというと、その取引の金額に応じて切って重量をはかりながら使っていたからです。そのため、どこを切っても丁銀だと分かるよう、表面には「極印」と呼ばれる印が幾つも押されています。

 

極印には「大黒」・「常是」・「宝」・「年代印」といったものがあります。1615年(元和)になると端数計算に便利なように小さな銀貨である豆板銀がつくられるようになりました。元禄丁銀以降正徳・享保期をはぶき丁銀の両端に「年代期」を打印、中央左右に「大黒・常是」が打たれるようになりました。

 

丁銀の種類には、古丁銀・慶長丁銀・元禄丁銀・宝永二ツ宝丁銀・宝永永字丁銀・宝永四ツ宝丁銀・正徳享保丁銀・元文丁銀・文政丁銀・天保丁銀・安政丁銀があります。

 

古丁銀と呼ばれる丁銀は、室町時代に作られたもので萩古古丁銀・御公用古丁銀・文禄石州古丁銀・山口天又古丁銀・八福古丁銀・菊一文字古丁銀などがあります。
古丁銀はどれも希少価値が高く、状態が良ければ1千万円の値がつく可能性があります。状態が悪くても400万円はくらだらないほどの価値があるんです(^^;

 

また、慶長丁銀は極印の書体で「古鋳」・「前期」・「後期」に分けられ、その他に「12面丁銀」・「沢潟丁銀(さわだか)」、さらに祝儀用に作られた「12面大黒丁銀」と計6種類が存在します。その中でも「沢潟丁銀」がもっとも希少価値があり状態が良ければなんと!1600万円もの値がつく可能性があります。鋳造期間は慶長6年から元禄8年(1601年から1695年)で品位は銀800、そのほかが200です。

 

元禄丁銀は、表面に「大黒と常是」・「常是、寳」、上下2箇所に「元」の極印が打たれているのが特徴です。元禄丁銀には、6箇所に極印が打たれた元禄丁銀と、12箇所に極印が打たれた「12面丁銀」、そして祝儀用の「12面大黒丁銀」の3種類があります。元禄丁銀の12面大黒丁銀も700万円と値打ちがあります。この12面大黒とは丁銀の表面に12個の大黒様の極印が押されています。鋳造期間は元禄8年から宝永3年(1695年から1706年)です。品位は銀が640、そのほかが360です。

 

宝永二ツ宝丁銀は、上下に「宝」が、左右に「大黒像」「寳」の極印が打たれています。宝永期間の丁銀には「常是」の極印がありません。鋳造期間は宝永3年から宝永7年です。品位は銀500、そのほかが500です。鋳造量が約27万貫と少ないため希少価値が高く12面大黒丁銀で状態が良ければ850万円の値がつくこともあります。

 

端数計算に用いられていた豆板銀も高い物では1個で200万円以上の値がつく可能性があります。小さいなボタンのような大きさの銀ですがその価値は見た目以上にあるんです。

※ここで掲載させて頂きました価格につきましては日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」より掲載をさせて頂いております。

 

寛永通宝の種類と価格を知りたい方はこちらをご覧下さい。