江戸時代に鋳造された金貨 一分判金の価値と種類、その見分け方

皆様もご存知のとおり江戸時代には大判や小判をはじめ多くのお金が鋳造されまた。

当時流通したそれらのお金には金や銀が含まれておりますが、金や銀の価値以上に希少価値が高く、現在の価値ともなれば高い物で数百万円にもなるものがあります。

江戸時代中期から明治時代までに通用していた金貨と銀貨の総称を古金銀と呼び、一分判金、一分銀、一分銀、二朱判金、一朱銀などの種類があります。

そこで今回は江戸時代に鋳造された金貨の中から一分判金の価値見分け方についてご紹介を致します。

江戸時代に鋳造された一分判金には、全部で11種類の一分判金があります。

それらは、
・慶長一分判金
・元禄一分判金
・宝永一分判金
・正徳一分判金
・享保一分判金
・佐渡一分判金
・元文一分判金
・文政一分判金
・天保一分判金
・安政一分判金
・万延一分判金
です。

そのほか、額一分判金もありますが、鋳造年が1599年であることから豊臣秀吉により鋳造されたとされ、これまで太閤一分金または大阪一分金て呼ばれていましたが、この額一分判金の縁が点で囲まれた額縁様になっており、裏面は「光次」の文字と花押があることから「額一分判金」と呼ばれるようになりました。
この「光次」とは、徳川家康の金貨製造の専任で後藤庄三郎光次のことです。代々、御金改役を世襲しており一分判金の裏面には「光次」の花押が刻印されています。

ちなみに、この額一分判金は、状態が良ければ400万円もの値がつくこともあります。
以前、ヤフオクで1,000万円で出品されていたことを覚えております。

慶長一分判金も価値が高く、状態が良ければ、150万円前後の価値が付くものもあります。

一分判金とは下の写真の古銭のことをいいます。

見分け方は簡単で、形は長方形で、縁には額と呼ばれる点模様があり、表面に「五三桐紋」と「一分」、裏面にはさきほどご紹介しました「光次」の花押が刻印されています。
また、裏面右上には鋳造された年代を示す「年代印」が刻印されています。
中には年代印の無い一分判金もあります(^^♪

もちろん、金と銀が含まれていて金が57%、銀が43%です。
重さは、2.8gです。

こちらは天保一分判金の表面です。
表面に「五三桐紋」と「一分」が刻印されています。

天保一分判の表面

裏面には「光次」の花押と「天保」を示す年代印が刻印されています。

天保一分判の裏面

天保一分判の価格は、状態が良ければ、6万円、状態悪いとその半額の3万円ほどになります。
また、逆打ちの天保一分判金ともなると、なると25万円にもなります。
この逆打ちとは、表面と裏面で本来向きが同じであるはずの刻印が逆になっているエラー判金を言います。

寛永通宝の種類と価格 | 寛永通宝は種類が豊富で見分けるのが難しい?

寛永通宝は1626年(寛永3年)より明治初期までの240年間にわたり鋳造をされたため1,000種類以上もあると言われています。
その違いは多岐に渡りプロでも難しいと言われるぐらい様々な種類があります。
そこで今回はその寛永通宝の種類価格についてご紹介を致します。

寛永通宝の種類と価格 | 寛永通宝は種類が豊富で見分けるのが難しい?

寛永通宝の種類は大きく2つに分けられる

寛永通宝は大きく2つに分けられます。
まず一つ目が古寛永銭です。
「古」と付いている寛永通宝で初期のタイプです。
作られた年代は寛永3年(1626年)より寛文8年(1668年)です。
芝・浅草・坂本・水戸・仙台・吉田・松本・高田・岡山・萩・竹田・建仁寺・沓谷・鳥越などの鋳造地で貨幣が作られていました。

2つ目が新寛永銭です。
頭に「新」がついており新型であることを意味しています。
作られた年代は寛文8年(1668年) 江戸亀戸村で、幕府の直轄として鋳造され明治初期まで鋳造されることとなります。

この2種類の寛永通宝の見分け方はとても簡単です。

古寛永銭は、「寶」の字の「貝」の下の部分が「ス」になっています。

古寛永銭の見分け方

 

一方の新寛永銭は、『寶』の字の『貝』の下の部分が『ハ』になっています。
新寛永銭の見分け方

 

寛永通宝は書体や字の大きさ・太さ・ハネ・トメ・ハライなどで種類と価格が変わる

寛永通宝は約240年という長い間鋳造されたために1,000種類を超える寛永通宝があると言われています。
その違いは大きさのほかに、文字の書体や大きさ・太さ・ハネ・トメ・ハライ・位置・材質・銭種などで微妙な違いがあります。
これは鋳造された年代や場所、その時代の景気などが影響して様々な寛永通宝が鋳造されました。

背面に、「文」・「佐」・「仙」・「十」・「小」・「千」・「一」・「川」・「元」・「足」・「長」・「久」・「ト」・「盛」・「ノ」の文字が刻印されている新寛永銭は見分けが付き安いですが、その中でも「長尾」・「背広」・・「跛宝」・「降通」などといった書体や位置など微妙な点で違いがあります。
それによって価値も違ってくるんです。

この微妙な違いはプロでも難しいと言われています。
熟練の方でないと区別は難しいでしょうね。

また、古銭につきものの模造品・参考品などが巷に広がっています。この模造品とはレプリカのことで市場価値は本物に比べて非常に低いです。正直価値がありません(^^; ですので本物の価値や種類を特定する前にまずは本物か偽物かも見極めなくてはなりません。ヤフオクやメルカリに出品されている中には真贋不明なんていう古銭もあります。中には本物もありますが模造品もあることは確かです。偽物は本当に比べて図柄が甘かったり、重さや大きさが違います。一番簡単に確かめる方法は大きさと重さを測ることです。

 

古銭の種類ごとの大きさや重量を知りたい方はこちら

 

 

古寛永銭より新寛永銭の方が取引価格が高い

古寛永より新寛永の方が取引価格は高いです。というのは日本貨幣商協同組合が発行している「日本貨幣カタログ」によると、古寛永銭で一番値が高いのが1626年(寛永3年)に鋳造された二水永(水戸)が40,000円です。
一方の新寛永銭で一番値が高いのが1668年(寛文8年)に鋳造された島屋文です。通用銭で30万円の価値があります。母銭になるとそれの何倍も値が付きます。ちなみに母銭とは、通常銭を鋳造する時の母型で、材質や寸法に違いがあります。通常銭よりほんのわずかだけ大きく文字なども鮮明という特徴があります。数が少ないので希少価値が高い値段で取引されるんですよ。
「日本貨幣カタログ」にはすべての寛永通宝が記載されている訳ではありません。記載されていない寛永通宝で希少価値が高いものもあり30万円よりはるかに値が付く場合もあります。