天保通宝の種類と価値|母銭なら高値に!素人の方が見分ける方法とは

天保通宝は江戸時代 天保6年(1835年)から明治24年(1891年)の56年間に作られた小判型の穴が開いた銭です。天保通宝は日本各地で作られたため数十種類もの種類があります。そこで今回は天保通宝の種類と価値見分ける方法をご紹介致します。

天保通宝の種類と価値|母銭なら高値に!素人の方が見分ける方法とは!?

天保通宝の価値

天保通宝は、江戸時代 天保6年(1835年)から明治24年(1891年)の56年間に作られた小判型の穴銭のことです。流通銭の中ではひときわ厚みがあり重くて大型なところが古銭コレクターから人気です。天保通宝だけを集めている収集家もいるほどです(^^;

天保通宝は、他の穴銭と同様に銭の中央には「孔」と呼ばれる正方形の穴が開いています。表面には「天保通寳」の文字が刻まれています。裏面の上部には「當百(とうびゃく)」と、下部には金座後藤家の花押が刻まれています。

天保通宝の裏面

「當百」とは寛永通宝100枚=100文に相当するという意味があります。実際には80文として通用していました。花押は、後藤家の花押で後藤家が鋳造・検印したという証しです。ちなみに、この後藤家の花押は、大判・小判などにも押されています。後藤家は当時、御金改役(ごきんあらためやく)で大判・小判・銭などの鋳造の責任者であったんです。そのため検印がされると花押が刻まれたという訳なんです(^^♪

この天保通宝は、作られた年代や字の大きさや太さ、長さなどちょっとした違いで値段がまったく変わってしまう古銭です。そういう点では寛永通宝と同じです。1枚あたり数百円から高いものなら数十万円と大きく変わってきます。
中でも価値がある天保通宝は、「南部 小字」、「仙台 広郭長足宝」、「会津 長貝宝」です。それらの通用銭の値段をまとめましたのでご覧下さい。

南部 小字 300,000円~100,000円
仙台 広郭長足宝 250,000円~130,000円
会津 長貝宝 130,000円~60,000円

 

ただ、これらの価格は通用銭なのでこれが母銭になると数倍以上の値段が付きます。ただ希少価値が高いのでほとんど目にすることはありません。日本貨幣商協同組合が発行している日本貨幣カタログにも「稀」しか書かれておらず値段がつかないほど希少価値が高いようです。ちなみに、母銭とは天保通宝の元になった銭のことです。一般的な銭(通用銭)とは材質や寸法に違いがあります。

 

種類と見分け方

天保通宝には、「本座長郭」、「本座細郭」、「本座中郭」、「本座広郭」のほか、「薩摩」、「福岡」、「高知」、「山口」、「水戸」、「会津」、「仙台」、「秋田」、「南部」などの種類があります。本座とは、金座主導で作られた天保通宝で、長郭は穴や文字がやや縦長になっています。細郭は穴の縁が細く、ほぼ正方形です。中郭は穴の縁が少し太く、文字がやや縦長になっています。水戸は、花押の左下部分がまるみを帯びています。このように微妙に少しずつ違いがあります。

天保通宝は、寛永通宝ほどの多くの種類はありませんが、数十種類にも及ぶため素人の方に見分けるのが難しいかと思います。ましてや母銭ともなるとその価値が全く違ってきます。そこでプロに査定してもらうことをオススメ致します。ネットで無料で査定をしてくれる古銭買取り業者が数多くありますので利用をしてみてはいかがでしょうか。売る気がなければメールなので断ることも簡単です(^^♪

 

寛永通宝の種類と価格を知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

 

 

古銭の価値 丁銀の種類と買取価格を紹介 1千万以上することも!

室町時代後期から明治維新まで流通した丁銀の種類や価格・特徴をご紹介致します。丁銀は細長いナマコのような形が特徴で表面に「大黒」・「常是」・「宝」・「年代印」といった極印が打たれています。希少価値が高い丁銀にもなると1千万円以上の値がつくこともあります。

古銭の価値 丁銀の種類と買取価格を紹介 1千万以上することも!

丁銀の種類と買取価格を紹介 1千万以上することも!

丁銀(ちょうぎん)は、室町時代後期から明治維新まで流通した商取引用の銀貨で、細長いナマコのような独特の形をしています。

なぜナマコのような細長い形をしているかというと、その取引の金額に応じて切って重量をはかりながら使っていたからです。そのため、どこを切っても丁銀だと分かるよう、表面には「極印」と呼ばれる印が幾つも押されています。

 

極印には「大黒」・「常是」・「宝」・「年代印」といったものがあります。1615年(元和)になると端数計算に便利なように小さな銀貨である豆板銀がつくられるようになりました。元禄丁銀以降正徳・享保期をはぶき丁銀の両端に「年代期」を打印、中央左右に「大黒・常是」が打たれるようになりました。

 

丁銀の種類には、古丁銀・慶長丁銀・元禄丁銀・宝永二ツ宝丁銀・宝永永字丁銀・宝永四ツ宝丁銀・正徳享保丁銀・元文丁銀・文政丁銀・天保丁銀・安政丁銀があります。

 

古丁銀と呼ばれる丁銀は、室町時代に作られたもので萩古古丁銀・御公用古丁銀・文禄石州古丁銀・山口天又古丁銀・八福古丁銀・菊一文字古丁銀などがあります。
古丁銀はどれも希少価値が高く、状態が良ければ1千万円の値がつく可能性があります。状態が悪くても400万円はくらだらないほどの価値があるんです(^^;

 

また、慶長丁銀は極印の書体で「古鋳」・「前期」・「後期」に分けられ、その他に「12面丁銀」・「沢潟丁銀(さわだか)」、さらに祝儀用に作られた「12面大黒丁銀」と計6種類が存在します。その中でも「沢潟丁銀」がもっとも希少価値があり状態が良ければなんと!1600万円もの値がつく可能性があります。鋳造期間は慶長6年から元禄8年(1601年から1695年)で品位は銀800、そのほかが200です。

 

元禄丁銀は、表面に「大黒と常是」・「常是、寳」、上下2箇所に「元」の極印が打たれているのが特徴です。元禄丁銀には、6箇所に極印が打たれた元禄丁銀と、12箇所に極印が打たれた「12面丁銀」、そして祝儀用の「12面大黒丁銀」の3種類があります。元禄丁銀の12面大黒丁銀も700万円と値打ちがあります。この12面大黒とは丁銀の表面に12個の大黒様の極印が押されています。鋳造期間は元禄8年から宝永3年(1695年から1706年)です。品位は銀が640、そのほかが360です。

 

宝永二ツ宝丁銀は、上下に「宝」が、左右に「大黒像」「寳」の極印が打たれています。宝永期間の丁銀には「常是」の極印がありません。鋳造期間は宝永3年から宝永7年です。品位は銀500、そのほかが500です。鋳造量が約27万貫と少ないため希少価値が高く12面大黒丁銀で状態が良ければ850万円の値がつくこともあります。

 

端数計算に用いられていた豆板銀も高い物では1個で200万円以上の値がつく可能性があります。小さいなボタンのような大きさの銀ですがその価値は見た目以上にあるんです。

※ここで掲載させて頂きました価格につきましては日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」より掲載をさせて頂いております。

 

寛永通宝の種類と価格を知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

 

古銭はサビや汚れがあってもいい!洗浄をしてはいけない3つの理由

古銭を趣味で集めておられる方は保存環境にもこだわって良い状態で保管されていますが、興味もなく長年家の中で放置をされてきた古銭は汚れたり錆びたりしてその保管状態は良いとは言えません。古銭も綺麗な方が高く売れるに違いないなんて思ってピカピカにしたら価値が半減どころではなく無くなってしまうかも知れません。それは3つの理由があるからです。そこで今回は古銭を洗浄してはいけない3つの理由についてご紹介をさせて頂きます。
古銭はサビや汚れがあってもいい!洗浄をしてはいけない3つの理由

古銭を洗ってはいけない理由

お持ちの古銭の錆や汚れを取って綺麗にした方が高く売れるって思っていませんか?
保存状態が良いにこしたことはありませんが古銭は洗わない方が良いんですよ。

絵画や掛け軸などと違って古銭は修復したりしません。
ピカピカにしたり、錆が無い方が良いなんて思って綺麗にするとかえって価値が下がることもあるんです。

理由はこの3つです。
・磨きすぎて欠けてしまう
・色落ちしてしまう
・キズが付いてしまう

磨くことで古銭が欠けてしまうことがあります。
中でも穴銭と呼ばれる寛永通宝や永楽通宝には銅製のものがあり腐食により内部までもろくなっているものがあります。
そんな状態の古銭に力が加わると折れたり欠けてしまうことがあるんです。

洗剤や研磨剤を使ってしまうと変色の原因にもなりかねません。言うまでもありませんが変色してしまうと古銭の価値は無くなってしまいます。

研磨剤やスポンジ・硬い布などでもこすったり拭くことで小さなキズが付くこともあります。小さなキズが付いてしまうことでも古銭の価値が下がってしまいますので注意しましょう。

 

どうしても綺麗にしたい方は価値が無くなる覚悟で!

保存状態が悪く錆びても汚れていてもキズが付いたり欠けてしまうよりは良いです。
それでも、どうしても綺麗にしたいって方は、柔らかい布で軽く拭くか、あまりご紹介はしたくはありませんがコイン専用のクリーナーで洗浄するかです。
日本貨幣商協同組合加盟店からコイン専用のクリーナーが1000円を切る価格で販売されています。
ただし、銀貨に限定です。銅貨、黄銅貨、アルミ貨などに使用するとピカピカとなり、収集用としては価値が失われます。
くどいようですが汚れのも古銭の一部、わざわざ綺麗にする必要はないんですよ。
私も天保一分銀・明治一分銀・安政二朱銀・嘉永一朱銀など銀銭をもっていますがどれも黒くなっています。
でも磨いたりして綺麗にしようなんて思いません。その汚れが古銭の歴史を物語っているからです(^^♪

 

保存方法を良くして劣化をふせぐ

今以上に劣化しないためにもできる限り良い環境で保存するようにしましょう。
湿気の多いところや温度の変化が激しいところでの保管は避けて下さい。
太陽の光が直接あたる場所での保管も避けた方が良いです。
また、空気にも触れさせないよう古銭専用のコインケースに入れることも大事です。
保管する時は手で直接触ってはいけません。手の油が原因で変色する可能性もあります。

 

寛永通宝の見分け方はこちらへどうぞ

 

 

寛永通宝の種類と価格 | 寛永通宝は種類が豊富で見分けるのが難しい?

寛永通宝は1626年(寛永3年)より明治初期までの240年間にわたり鋳造をされたため1,000種類以上もあると言われています。
その違いは多岐に渡りプロでも難しいと言われるぐらい様々な種類があります。
そこで今回はその寛永通宝の種類価格についてご紹介を致します。

寛永通宝の種類と価格 | 寛永通宝は種類が豊富で見分けるのが難しい?

寛永通宝の種類は大きく2つに分けられる

寛永通宝は大きく2つに分けられます。
まず一つ目が古寛永銭です。
「古」と付いている寛永通宝で初期のタイプです。
作られた年代は寛永3年(1626年)より寛文8年(1668年)です。
芝・浅草・坂本・水戸・仙台・吉田・松本・高田・岡山・萩・竹田・建仁寺・沓谷・鳥越などの鋳造地で貨幣が作られていました。

2つ目が新寛永銭です。
頭に「新」がついており新型であることを意味しています。
作られた年代は寛文8年(1668年) 江戸亀戸村で、幕府の直轄として鋳造され明治初期まで鋳造されることとなります。

この2種類の寛永通宝の見分け方はとても簡単です。

古寛永銭は、「寶」の字の「貝」の下の部分が「ス」になっています。

古寛永銭の見分け方

 

一方の新寛永銭は、『寶』の字の『貝』の下の部分が『ハ』になっています。
新寛永銭の見分け方

 

寛永通宝は書体や字の大きさ・太さ・ハネ・トメ・ハライなどで種類と価格が変わる

寛永通宝は約240年という長い間鋳造されたために1,000種類を超える寛永通宝があると言われています。
その違いは大きさのほかに、文字の書体や大きさ・太さ・ハネ・トメ・ハライ・位置・材質・銭種などで微妙な違いがあります。
これは鋳造された年代や場所、その時代の景気などが影響して様々な寛永通宝が鋳造されました。

背面に、「文」・「佐」・「仙」・「十」・「小」・「千」・「一」・「川」・「元」・「足」・「長」・「久」・「ト」・「盛」・「ノ」の文字が刻印されている新寛永銭は見分けが付き安いですが、その中でも「長尾」・「背広」・・「跛宝」・「降通」などといった書体や位置など微妙な点で違いがあります。
それによって価値も違ってくるんです。

この微妙な違いはプロでも難しいと言われています。
熟練の方でないと区別は難しいでしょうね。

また、古銭につきものの模造品・参考品などが巷に広がっています。この模造品とはレプリカのことで市場価値は本物に比べて非常に低いです。正直価値がありません(^^; ですので本物の価値や種類を特定する前にまずは本物か偽物かも見極めなくてはなりません。ヤフオクやメルカリに出品されている中には真贋不明なんていう古銭もあります。中には本物もありますが模造品もあることは確かです。偽物は本当に比べて図柄が甘かったり、重さや大きさが違います。一番簡単に確かめる方法は大きさと重さを測ることです。

 

古銭の種類ごとの大きさや重量を知りたい方はこちら

 

 

古寛永銭より新寛永銭の方が取引価格が高い

古寛永より新寛永の方が取引価格は高いです。というのは日本貨幣商協同組合が発行している「日本貨幣カタログ」によると、古寛永銭で一番値が高いのが1626年(寛永3年)に鋳造された二水永(水戸)が40,000円です。
一方の新寛永銭で一番値が高いのが1668年(寛文8年)に鋳造された島屋文です。通用銭で30万円の価値があります。母銭になるとそれの何倍も値が付きます。ちなみに母銭とは、通常銭を鋳造する時の母型で、材質や寸法に違いがあります。通常銭よりほんのわずかだけ大きく文字なども鮮明という特徴があります。数が少ないので希少価値が高い値段で取引されるんですよ。
「日本貨幣カタログ」にはすべての寛永通宝が記載されている訳ではありません。記載されていない寛永通宝で希少価値が高いものもあり30万円よりはるかに値が付く場合もあります。